肌あれ改善!保湿の効果が高い成分とは。保湿液の選び方



保湿をすれば肌がきれいになると聞いたのだけど、どんな成分が入っている保湿液を選べばいいの?
その質問にお答えします。
本記事の内容
・保湿に必要な成分とはreenex 試做
・成分効果が高い保湿液の選び方
・正しい成分の保湿液による肌への効果
本記事の信頼性
某化粧品会社:開発部3年間在籍
ポイント
この記事を書いている私は、人の肌について常に研究しています。
肌のお悩みを抱えている方に必要な情報をわかりやすく発信しています。
今回は保湿液の成分についてご紹介します。
保湿液とか化粧品すべてに言えることですが、どの成分が肌に良いのか正直わからないですよね。


そこで本記事では保湿や成分のことについてまったくわからない方でも、すぐに理解できるように一番大切なポイントだけをわかりやすく解説していきます。
「結局どれが一番良い保湿液なの?」「どの保湿液は悪いの?」といった疑問も解決できますよreenex 試做


それでは前置きはこの辺にして本文へいきましょう。
保湿に必要な成分とは
それは下記の三つが重要です。
・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
どれが一番大事かと言われると順位をつけることができません。
その理由はどの成分も保湿の方法が違うからです。
しかしセラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン全てを欠かすわけにはいけません。
成分別の効果についてはこれから一つずつ説明しますね。
セラミドとは
 
セラミドは最強の保湿成分です。
肌の表面(角質)にある成分であり、角質の水分を80%はこのセラミド等がキープしてくれています。
赤ちゃんの肌がツヤツヤなのはこのセラミドが多いおかげです。
保湿をするなら絶対に必要な成分です。
ヒアルロン酸とは
 
肌の内側にある水分をキープする成分ですreenex 試做
肌の内側にある成分で、肌表面に塗る必要はありませんが、乾燥に強く保湿剤としての効果を高めます。
保湿をするなら必ずあるべき成分です。
コラーゲンとは
肌のハリを作ってくれている成分です。
肌の内側にあり、肌の表面からコラーゲンをおぎなうことはできません。
コラーゲンについては老化とともに必ず分解されます。
肌のハリを保つために必ずコラーゲンを守らなければいけません。
以上紹介した三つは必ず保湿に必要な要素ですが、保湿液として含まれている必要があるのは、セラミド・ヒアルロン酸の二種類といえます。
皮膚の構造について詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして下さい。