電気セラミックストーブ、電磁調理器、ガスストーブのどれを選択しますか?3つの長所と短所を読んだ後、あなたは知っているでしょう

ガスストーブ:ガスストーブは、自炊のさまざまな技術的要件を満たす直火調理が特徴で、リアルタイムで加熱でき、使いやすいため、ほとんどの事業主が選択しています。
ガスストーブの利点:瞬間的な熱、高い火力、強い力;事前設定された温度シリーズなし、嵌入式煮食爐具柔軟な火器管制、および使用後の急速な冷却。
ガスストーブのデメリット:ストーブヘッドの清掃が難しく、油煙が多く発生し、エネルギー経済性が低く、ガス漏れの影響もあります。
電磁調理器:今では電磁調理器を使う人が増えています。結局のところ、これは新技術であり、省エネ効率は90%と高く、調理時間は直火の3分の1です。同じブランドでも機能が異なり、火力にも違いがあります。
電磁調理器の利点:火の調理がなく、火災事故が減ります。電磁調理器の掃除が簡単で、効果的な省エネが可能です。簡単なインストール、プラグアンドプレイ。自動的にフレームアウトを表示するように設定でき、安全性が高い
電磁調理器のデメリット:温度レベルを調整するために、火の柔軟性が低く、特定の鍋(鉄)しか使用できません。加熱面積が小さく、調理効率が悪い。生徒の実際の調理の好みに応じて、私たち自身の調理用コンロを選択してください。
電気セラミックストーブ:ニッケルクロム金属発熱体を使用し、赤外線吸収熱を使用して炉を加熱します。赤外線は血行を良くすると言う人もいますが、メーカーのセールスポイント広告に耳を傾けてください。
電気セラミックストーブの利点:特定のポットを選択する必要はありません。セラミック、ガラス、アルミニウムポット、キャセロール、その他の高温ポ​​ットを使用するだけです。放射線がなく、高い火力(ガスストーブに似ています)。放射なし、最大約700度。料理の際は、炒め物、バーベキュー、スローシチュー、鍋、揚げ物がすべて可能で、ガスストーブの最新技術と言えます。
電気セラミックストーブのデメリット:熱効率は電磁調理器ほど良くなく、加熱速度は遅く、沸騰したお湯はより多くの開発時間を必要とし、企業の環境保護と健康教育を追求するための学習の代償があります。
関連記事:
電磁調理器の使い方は?
電磁調理器が爆発するのはなぜですか?
電磁調理器は人体に有害ですか?購入の難しい質問に答えてください